全32種の豊富な楽器・ヴォーカルコースのEYS音楽教室。楽器が無料でもらえる音楽教室。初心者大歓迎。まずは無料体験レッスンを。

Enjoy Your Sound EYS音楽教室

お電話によるお申込み(10:00~22:00)フリーダイヤル0120-978-900

  • 無料体験レッスン

EYS音楽教室 > ミュージックスタイリスト

ミュージックスタイリストブログ
当校の魅力的な講師達の活動履歴がご覧頂けます。
1-10/全5792件
シンプルな気持ち良さ。2016-07-16 18:32:39

ドラム講師の川口昌二です。音楽を聴いていると、時にシンプルなものの格好良さに惹かれます。それは単純というものとは違います。考えた上での音の出し方なのです。言い換えれば休符の使い方の上手さでしょう。
 テクニックが向上するにつれ、難しいフレーズを使いたくなるというのが普通の気持ちでしょう。しか...

つづきはこちら
誰もが知る有名なフレーズ2016-07-06 10:35:20

ドラム講師の川口昌二です。時代を問わず音楽好きならばみんな知っているフレーズというのは数多くありますね。あなたは幾つ知っていますか?ロックからいきましょう。「Whole Lotta Love / Led Zeppelin」,「Smoke On The Water / Deep Purple」,...

つづきはこちら
古代の音楽について その282016-07-21 16:24:38

お世話になっております、サックス講師の金井基泰です。  
 
今回は、古代文化の音楽より、単旋律聖歌の続きから 
 

トロープス

トロープスとは、既存の単旋律聖歌の中に補足的に挿入された、シラビック様式による挿入フレーズの事を言う。
既存聖歌のメリスマ部分に新しい歌詞を当て...

つづきはこちら
楽器大手術の結果2016-07-29 00:07:27

ウッドベース、クラシック/ポップスピアノコントラバス講師の程嶋日奈子です。

さて、このブログではさんざん湿気がどうだ温度がどうだと言ってきましたが。。
先日私の楽器が大故障を起こしました。

はがれ三か所たすはりがはがれました(人でいえば背筋が全部肉離れみたいな感じでしょうか) ...

つづきはこちら
バンドマジックというもの2016-06-22 09:46:05

ドラム講師の川口昌二です。世の中に成功したロックバンドは数多くいますが、息長く支持されたバンドはメンバー間で発生した化学反応が素晴らしいという共通項がありますね。メロディーが良いから好き、ギターソロがカッコいいから好き、バンドメンバーみんなイケメンだから好き...バンドを好きなる理由は様々でし...

つづきはこちら
古代の音楽について その272016-07-14 15:30:19

お世話になっております、サックス講師の金井基泰です。  
 
今回は、古代文化の音楽より、単旋律聖歌の続きから 
 

(3)メリスマティック様式melismatic style
歌詞の1シラブル(音節)に対して、旋律の多くの音符が割り当てられるスタイル。
アレルヤ唱等で用いら...

つづきはこちら
夏ですね!2016-07-16 17:12:48

ウッドベース、クラシック/ポップスピアノコントラバス講師の程嶋日奈子です。


さて、久々のブログですね。

夏ですね。

EYSの新宿校も毎日「暑いーーー!!」と駆け込んでいらっしゃる皆様のためにかなり冷え冷えに冷えています。

そしてこの環境ですが、、、
楽器にはとて...

つづきはこちら
音楽教育に思うこと2016-06-22 09:22:30

ドラム講師の川口昌二です。90年代にアメリカに音楽留学をし日米の教育を経験。現在は自分も教育に関わることになり、日々感じていることを書きたいと思います。
 まず教育には初期、中期、成熟期とも呼べる段階があるように感じます。音楽教育に限ったことではないでしょうが、初めの段階では教える側が教わる...

つづきはこちら
古代の音楽について その262016-07-07 15:59:10

お世話になっております、サックス講師の金井基泰です。  
 
今回は、古代文化の音楽より、単旋律聖歌の続きから 
 

混合旋法

ひとつの聖歌の中で、正格旋法と変格旋法の両方が使われる例も少なくない。
そうした聖歌の音域は、フィナリスの数音下から始まり、フィナリスの1オクター...

つづきはこちら
🎵こころが晴れ晴れするような1曲を🎵2016-07-13 00:41:48

🎵100歳になっても、矍鑠(かくしゃく)とヴァイオリン二胡を弾き続けていたい、ヴァイオリン二胡講師の寺尾美紀です🎵

皆さん、お元気で お過ごしでしょうか?
梅雨明けが 待ち通しいこの頃です。

こんなシーズンこそ、雨は降れども、
こころが晴れ晴れするような1曲を弾いていたいも...

つづきはこちら