全32種の豊富な楽器・ヴォーカルコースのEYS音楽教室。楽器が無料でもらえる音楽教室。初心者大歓迎。まずは無料体験レッスンを。

Enjoy Your Sound EYS音楽教室

お電話によるお申込み(10:00~22:00)フリーダイヤル0120-978-900

  • 無料体験レッスン

水野 まな ブログ

ジャンルを超えろ2015/05/01

クラリネット講師の水野まなです。

「色、音、形、空間」、
同じものをみても人それぞれ思うモノやコトは違う。
それはとても面白く興味深いですね!

最近は私をとりまく人や音楽環境がジャンルを超えている為、出会う人も聴く音楽も奏でる音楽も少しずつ、少しずつ、幅が広がってきました。

クラリネットは古典の時代に生まれ、多くの偉人達がクラリネットにたくさんの素晴らしい作品を残しました。
それはまだまだ学びきれないほどの量があります。

ここで取り上げたいこの曲はきっと誰もが耳にしたことがあるはず、

アメリカの作曲家ジョージ・ガーシュインが手がけた「ラプソディー・イン・ブルー」。
この曲はクラリネットの印象的な出だしが有名ですね!
彼はジャズ音楽に影響を受けて、ブルージーな要素を曲の中にたくさん散りばめました。

フランスの作曲家、ダリウス・ミヨーも「スカラムーシュ」や「世界の創造」などの曲中に、ジャズの要素を多く用いました。

ロマン派を過ぎて、近・現代の音楽に近づくに連れて、クラシック音楽にジャズやラテンなどといった様々なジャンルの要素を用いることが多くなりました。
クラシックとジャズはジャンルとして基本的には「切り離したもの」と考えられていますが、ジャズに影響を受けてクラシックとの融合をはかった作曲家も彼らのように多く存在します。

クラリネットの現代曲では、少し聞いているだけでは曲なのかノイズなのか分からない前衛的な音楽もたくさんあります。
ユーモラスな曲として、クラリネット自体を「分解」しながら演奏していく曲までもあります。

前衛的な音楽には楽器の特殊技巧を多く使い、楽器自体の可能性を見出しているのが面白い。( 演奏するほうはとても必死ですが )

どんなジャンルの音楽も好き嫌いはありますが、頭を固くして「食わず嫌い」をするのは良くないのかなというのを最近色々なジャンルの人と知り合って身をもって感じています。

表現者として、表現の幅を膨らませるためにはジャンル、そして時代を超えることも必要ですね!

木が揺れて葉がカサカサと重なり合う音だって、地下鉄をくぐり隙間風がピューっと鳴る音だって、
身近なところにも「音楽」が潜んでいるのだと思ったらそれもそれで面白い!

ゴールデンウィークはいい天気が続きますね。
今日もみなさまに色んな発見がありますように。

クラリネット講師
水野まな


『EYS kids music school OPEN !!』 http://eys-kids.com/
♪音楽・ダンス・英語を一緒に学ぶ "EYS 式 音際教育" で子どもの才能を開花させる♪
3~5歳を対象とした子ども向けプログラムが「銀座」と「横浜」スタジオで開始いたします。
音楽もダンスも英語も週1回学んで月19800円。
お問い合わせは kids@eys-style.com までお気軽にご連絡ください。